今年最後の行事 餅つき大会

一年の最後の行事、毎年恒例の餅つき大会を岡崎は12/26、春日井は12/28に行いました。

慣れや経験やというのは大変重要で、「みのりの若手スタッフも餅のつき方がうまくなってきた」と利用者様からお褒めを頂きました。

今年も利用者様に手伝って頂き、つきたての極上の餅が出来上がりました。

つきたてのお餅は、お汁粉にして召し上がって頂きました。皆様笑顔で「おいしい」「懐かしい」と言っていました。

餅つきの由来の一つに鏡餅を作るためということがあります。

鏡餅、門松、しめ飾りは、歳神様を心からお迎えする準備に必要なものと言われているようです。その中でも鏡餅は、歳神様がよりどころにすると言われているそうです。

来年も皆様が健康でありますようにと願い、立派な鏡餅を作りました。

今年も1年、皆様には大変お世話になりました。

来年は今年以上に、皆様のお役に立てれるよう一生懸命頑張っていきます。どうぞよろしくお願い致します。